サカナクション『DocumentaLy』「RL」

サカナクションのアルバム『DocumentaLy』1曲目「RL」について。

とりとめもなく、ぼんやり書いたのでそんな感じで読んでほしい。

 

アルバムの題『DocumentaLy』にはなぜか単語の途中に大文字のLが含まれる。その事を、「RL」を通して考えてみた。

 

イヤホンで片耳ずつ聞いてみると、かなり違う音が流れていることに気付く。

 

右耳は両耳で聞いた時とあまり変わらない印象だ。ピ・ピ・ピ・ポーンと時報のようなものが鳴っている。こちらではd,o,c,u,m,e,n,t,a,r,yとrで呼んでいる。

 

さて左耳。最初は一瞬音楽が流れない。そしてブンッと何か古めの電子機器のスイッチを入れたような音が聞こえたのち、キーボードをカチャカチャする音、そしてピッ、ピッ、という音が鳴り始める。このピッ、ピッ、と似た音は右耳からも聞こえてくるがよく聞いてみると少し違う。左からは時報のポーンという音は鳴らない。ドラマなんかで臨終を告げるあの機械の音のようにも感じられる(ちなみにあれの名前は生体情報モニタと呼ぶらしい)。そして、右イヤホンとは違ってdocumentaryではなく、mentalyと読み上げられる。

 

documentaryは、「文書の、書類の、事実を記録した」、mentaly(mentally)は「精神的に、知的に、心の中で、心では」という意味だ。このアルバム『DocumentaLy』には事実の世界と心的な世界の2つの軸があるのだろう。

 

両耳で聞いてみる。例のアラームが、最初は右耳からそして、2度目のポーンという音とともに左耳から鳴り始める。右と左のアラームは音が違うだけでなく、鳴るタイミングも少しずれている。右のピを受けて左のピが響いているようにも聞こえる。左右のアラームは徐々に遠ざかり、RLを過ぎて再び接近していく。

 

事実から心的世界が浮き上がり、響き合う。ずれつつ繰り返されていく。反響。

 

(ちなみに「RL」から連想されるものの一つに「左右」がある。このアルバムは2011年に発売されたが、その前年の2010年にボーカルであり作詞作曲をしている山口一郎さんは突発性難聴を発症し、右耳がほとんど聞こえない状態になったそうだ。)

 

そして始まりを告げる最期の時報、続いてタタタタと鳴って、一気に次の曲「アイデンティティ」のサビへと駆け上がっていく。

 

 

そういえば、このRLからアイデンティティへの流れを聞いて、ロケット発射を思い出した。

10、9、・・・、3、2、1、LIFTOFF!!!

有人無人に関わらず、ロケットがもっとも華やかなのは打ち上げの時だ。

同様にこのアルバムも「RL」から次の曲「アイデンティティ」へ一気に駆け上がって以降、アップテンポな曲はほとんどない。

Documentaly』号と一緒に事実と心的世界が響き合う宇宙探索へ行ってみるつもりで聴き直してみるのもありかもしれない🚀